~心行くままに風俗を楽しみたい~

2019/06/07

プレイ中も話した方がいい?

プレイ中も話した方がいい?
ちゃんと会話してますか?

みなさんはデリヘル嬢とプレイしている最中に、どのくらい言葉を交わしていますか?プレイが始まる前は色々話していても、プレイが始まると言葉数はだんだん少なくなるものです。プレイに集中しているので当たり前ですよね。しかし、まったく無言のままですと、だんだん気まずい雰囲気が漂ってくるかもしれません。

女の子を不安にさせてしまう

女の子からすれば、いくらサービスを提供しても相手の反応がないと、「もしかして気持ちよくない?」と不安になってしまいます。過剰に気を遣う必要はありませんが、気持ちいいと感じたら声を我慢せずに漏らしたり、「気持ちいいよ」と声をかけたりした方が、女の子のモチベーションにも繋がります。また、人によって気持ちよく感じるポイントが違うので、ポイントが違う時は「そこじゃないみたい」と正直に言い、丁度良いポイントが見つかれば「そこがいい」とその都度教えてあげましょう。

そうすれば、女の子もだんだんお客さんが喜ぶツボについて分かってきますよね。射精する時も、黙って出さずに「イク」「出る」と一言声を出しましょう。お客さんなのであまり気を遣う必要はありませんが、声かけを少し心がけるだけで、女の子との心の距離が近くなり、好感度もアップします。

プレイに入る前から会話を

しかし、いくら会話が大事といっても、プレイ前にあまり会話をしていなかった場合、プレイを始めてからいきなり口を開くのは難しいと思います。他のことを全然話していないのに、プレイについて要望するのも、それにしか興味がないように思われてしまいそうで気が引けてしまうかもしれません。そのため、色々して欲しいことがあるのに言えなかったり、相手が吸い過ぎて痛いような場合も、注意できなかったりする方もいます。たとえ注意する場合も、全然打ち解けていない状態ですと「ちょっと痛いんですけど…」と恐る恐る言うようになってしまい、女の子の方も「あ、ごめんなさい…」と恐縮してしまうかもれしません。しかし、事前に打ち解けていれば、「ちょっと吸い過ぎ(笑)」と冗談っぽくかわせますよね。プレイ中でも自然に話せるようにするためには、プレイ前にも会話を心がけた方がよいでしょう。

寛ぎながら会話するのもあり

挨拶の後は、すぐにシャワーを浴びてもよいですが、ソファーやベッドの上で軽く会話をするのもよいしょう。女の子の顔を見てからコースやオプションを決める方も多いと思いますが、その前に軽く「どこから来たの?」と質問したり、「かわいいね」などと褒めたりするとよいでしょう。リラックスしてもらうために飲み物やお菓子を出すのもよいですが、その場合はペットボトルなど、未開封のものにしてください。お菓子についてはダイエット中の女の子もいるので、食べないようであれば無理に勧めない方がよいでしょう。また、お客さんが食べていないのに、自分だけ食べるというのは気が引けますので、女の子に勧める時は自分に一緒に食べるようにしましょう。2人きりで緊張してしまう方は、テレビなども付けておくと雑音が流れますので、あまり喋っていなくてもなんとなく喋っているような気になります。

部屋の中に有名な漫画があったりすると、「私もこの漫画好きなんだー」など、女の子の方から話題を提供してくれるかもしれません。共通の話題があると話を広げやすいので、会話の中で共通点を見つけたら、スルーせずにそこから話を広げられるか考えましょう。ただし、あまり深い話にならないようにしましょう。女の子はお話をしにきているのではなく、仕事をしに来ているので、話ばかりですとかえって疲れさせてしまうこともあります。会話は、プレイに添える花であり、それ以上にはなりません。また、あまり話が合ってしまうと、なかなかプレイに突入できず、プレイ時間が短くなってしまう可能性もあります。どっしり腰を据えて話すのではなく、部屋に案内する間や、飲み物を飲む数分間、シャワーを浴びている最中など、動作の合間に話す程度でよいのです。

ちょっとした気遣いも大切

また、会話だけじゃなく態度で優しさを示すことも有効です。バスルームや部屋へ案内する時は、無言で誘導するのではなく、「じゃあ、こちらへどうぞ」「部屋が二階にあるんだ。階段があるから気を付けて」など、一言声をかけましょう。

当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

免責事項

「漢の風俗ひとり散歩」は風俗好きによる風俗が好きな男性のための記事サイトです。
全ての記事は管理人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、当サイトでは一切の責任は負いかねます。
当サイトで得た情報の使用は自己責任にてお願いいたします。