~心行くままに風俗を楽しみたい~

2019/05/30

男女の「入り方」の違い

男女の「入り方」の違い

初めて、デリヘルで女の子を呼ぶ時、とても緊張したことを覚えていることと思います。緊張なんかさらさらしなかった、というツワモノも中にはいることでしょうが、大抵の人はドキドキするものです。初めての時は、誰かに誘われて一緒に行ったとか、自分であれこれ調べて向かったとか、いろいろあると思います。私などは一人で調べて緊張しながらその門を叩いたものです。友人などは、会社の上司に、最初は無理やり誘われて、だったらしいのですが、すっかりはまってしまい、今では私よりも詳しい情報を持っていたりします。どちらにしろ、こういった世界を嫌っている男はほぼいないのではないでしょうか。

イケる女性は極僅か

それは、男という生き物が基本的に「割りきって」物事を考えられる生き物だからかもしれません。心の関係と体の関係は別、と頭でちゃんと区別ができるからこそできる遊びではないかと思います。もちろんも中にはそうではない人もいます。風俗嬢に惚れてはうまくいかず、失恋を重ねている人もいることでしょうが、大抵の人はうまく遊んでいると思います。しかしこの感覚を女性は理解できないのです。なぜなら女性はいつも「気持ちから」入るからです。例えば一般社会において、男性が誰かを好きになる場合。これは極端な話しにはなりますが、まずは容姿、体型が自分好みか、そして、「一回やりたい」とまず思うのです。本当に極端に言うと、気持ちよりもまずは外見、体の相性から、というパターンがよくあることなのです。しかし女性は、外見も多少は響くでしょうが、まずは中身なのです。優しい人、明るい人、男らしい人、など、中身を好きになることが多いようです。これらはあくまで世間でよく言われている感じのことなので、実際にはいろいろ違うところもあると思いてますが、しかしそれらを考えると、なるほどなぁ、と思うことがよくあります。

こういう考え方があるからこそ、男性は風俗で遊ぶことにあまり罪悪感を感じていないのでしょうし、楽しんでいることが多いのです。しかし女性は気持ちから入るので、なかなかうまく遊ぶことができないのではないでしょうか。世の中、男性向けのこういう系統の店はたくさんあるのに、女性向けの店はほぼありません。せいぜい、ホストクラブまででしょう。そこから先の店もいくつかネットで見たことがありますが、あまり長く続いている感じではありません。やはり需要が少ないのかもしれないですね。

こんな風に、違う側面からいろいろ考えてみると、なにかと新しい発見もあり楽しいものです。

Prev

当サイトのコンテンツは成人向け表現が含まれております。18歳未満の方はこちらから退出してください。

免責事項

「漢の風俗ひとり散歩」は風俗好きによる風俗が好きな男性のための記事サイトです。
全ての記事は管理人の意見で作成しておりますので、サイト内で得た情報により発生したトラブル・損害に関しまして、当サイトでは一切の責任は負いかねます。
当サイトで得た情報の使用は自己責任にてお願いいたします。